なんで新発売ゲーム予約でオマケが付くの!? それには意外なカラクリが!

ストレングスファインダー×モチベーションマネジメントで

強みを発掘して、153%活かす

個人からチームまで、強みと魅力を伝える専門家、スピカデザイン 大下です。

みなさん、こんにちは。

 

今回は、チラシデザインなどのノウハウから

マーケティングに関するお話です。

 

みなさん、こんな広告を見たことありませんか?

【新発売ゲーム機 今ならタダでソフトが付いてくる!】

【新発売ゲーム、予約販売で限定パックに!】

つまり

オマケを付けて、付加価値を上げたり

場合によっては安くする場合もあります。

 

でも、よく考えると不思議です。

だって、新しいのにわざわざオマケを付ける事も無いように思えます。

 

が、理由は色々とあるんです。

予約をいただいてから出荷した方が数にムダがなく

予測が立てやすいなど効率が良かったり

引渡しの際に並ばないで済む事などもありますが

今回注目したいのは

 

ネットワーク外部性 というものなんです。

 

聞き慣れない言葉ですが、これの効果で世の中に爆発的に増えたものが

あるんです。

 

それは

 

【電話】なんです。

 

では、どういう内容かと言うと

グラハムベルという人が電話を開発しました。

しかし、1台だけ自分で持っているだけど全く何の役にも立ちません。

かける相手が居ないですからねw

 

そこで、2人目の加入者を作ります。

そうすると、2人目には

1人目と話せるという便益が出てきます。

 

そして、3人目が加入すると

今度は、1人目、2人目と話せるという便益が出てきます。

 

これが、どんどん進むと

その便宜と利益が高まり、そのシステムに加入していないと

コミュニティーに入れないという問題が生まれます。

 

そこで、爆発的なヒットに繋がりました。

 

グラハムベルも最初は、友達の会社にタダで配って

その便益を出したとも言われています。

 

これをゲーム機に置き換えると

最近のゲームは、戦ったり、協力したりと

ゲーム自体に通信機能がついていて、他のユーザーと

一緒に遊んだりできます。

そして、そこには互換性というものがあり

他のハード同士では繋がらなかったりするので

なるべく早く、ハードを市場に浸透させ

そのネットワークを先に広げたいんです。

 

また、キラーコンテンツといわれる人気ソフトが発売されると

本体とセットで安く売るのも、きっとこの狙いがるのでしょうね。

 

なにか、ビジネスのヒントになれば幸いです。

 

それでは

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

コミュニケーション、チームワークなどのご相談も随時承っております。

ココには書けない内容や、セミナーご案内のニュースレターも配信しています

お申し込みはコチラから

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

スピカデザイン その他公式HPご紹介

ロボットCAD製図のHP:

図面トレース、設備図、特許図面、機械製図作成 の スピカデザイン

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

カメラデザインのHP:

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

本個人から、お店、会社の強みを引き出す コンサルタント事業HP

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

酒処 三枝  損して得とれ

強みを発掘して、153%活かす

強みと魅力を伝える専門家、スピカデザイン 大下です。

 

じつは、私の母親は

20年以上、居酒屋を経営していました。
今思えば凄いことです。

幼い頃から

経営の大変さ、喜びなど

色々と見てきました。
それより

居酒屋を経営しようと、決意したことの方が

関心しますし、その時の心境なども色々と聞いてみたいものです。
母親が居酒屋をやっていた頃に

よく聞いた言葉が

『損して得とれ』 でした。

 

母は、お客さんの誕生日などを憶えておいて

 

安いものでしたが、プレゼントをあげたりしていました。

 

その時、母は

『のぶお、これは損じゃないんだよ。』

『こうして、皆来てくれてるんだ。』

と、よく言っていました。

 

昔は

『損して得とれ』 と言われると

ピンと来ませんでしたが

何かを得ようとするには

先ずは、与える事からなんだと、小さい頃から

教えられてきたんだなと今になって実感し、感謝しています。
やっぱり

物事の始まりは全て

与える事からで

奪うことは、決して勝者には繋がらない

 

ものなんだと思えてきます。

 

それでは。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

コミュニケーション、チームワークなどのご相談も随時承っております。

ココには書けない内容や、セミナーご案内のニュースレターも配信しています

お申し込みはコチラから

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

スピカデザイン その他公式HPご紹介

ロボットCAD製図のHP:

図面トレース、設備図、特許図面、機械製図作成 の スピカデザイン

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

カメラデザインのHP:

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

本個人から、お店、会社の強みを引き出す コンサルタント事業HP

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

私も参加しています。

パワハラ、セクハラなど労働問題で苦しむ人

悩める経営者を助ける 労働無料相談会、セミナーの 働く人のセーフティネット

YOUTUBE 5秒CMの素晴らしさ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ここには書いてない内容のメルマガ&ニュースレターも配信しています

 お申し込みはコチラから

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

強みを発掘し150%活かす、生産効率の上がるチームデザインの専門家

スピカデザイン 大下です。

みなさん、こんばんは^^

今日は、マーケティングのようなお話です。

自社の製品をアピールするのは大切なことです。

 

そして、スピカデザインでは

強みを発掘して、チラシなどのデザインをして

企業やお店をアピールする所までお手伝いいたします。

 

その職業病か

優れた広告などを見ると、過敏に反応してしまうのです。

 

そして、最近一番のヒットは

YOUTUBEの5秒間のCMなんです。

 

最初に

このCMは5秒後にスキップできます

と表記ができます。

 

そうする事で

逆に広告に注目することになりますし

5秒くらいなら我慢しようかなと思ってしまいます。

 

また、広告自体も一瞬のインパクトを工夫して、5秒以上
見たくなるような動画を入れる。

結局、広告などが選ばれるプロセスは変らないのに
効果を高めようとする力は強くなる。

この、半分逆手の様な力具合って凄いと思うんです。

さらに、ユーザーが5秒以降も見るか見ないか選択できるので

押し付けられた情報ではなく、

自分で選択した能動的な要素も入り

5秒目以降のCM効果は絶大なものになります。

 

自社の魅力を伝える素晴らしいシステムだと思い

ご紹介しました。

 

それでは。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

コミュニケーション、チームワークなどのご相談も随時承っております。

ココには書けない内容や、セミナーご案内のニュースレターも配信しています

お申し込みはコチラから■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

スピカデザイン その他公式HPご紹介

ロボットCAD製図のHP:

図面トレース、設備図、特許図面、機械製図作成 の スピカデザイン

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

カメラデザインのHP:

 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  本セミナー、研修のHP

強みを発掘し150%活かす、生産効率の上がるチームデザインの専門家

チームワーク開発セミナー・研修の スピカデザイン

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

間接メディアの使い方

強みを発掘し150%活かす、生産効率の上がるチームデザインの専門家

スピカデザイン 大下です。

 

みなさん、こんばんは^^

 

私は

モチベーションマネジメント という資格をもっていますが

この中で、『コミュニケーションの活用』という項目があります。

 

モチベーションを語るには

コミュニケーション能力も欠かせないという事でしょう。

 

その、コミュニケーション

最近急速に発展したのが、SNS、メールといった

間接メディアです。

 

本当は直接会って話した方が好ましいですが

メールなどのチャネルが発達した事で

活字だけのやりとりも多くなったことでしょう。

 

今回は

SNS や ブログ、メールなどの

間接メディアを使ったコミュニケーションについてのお話しです。

 

メールなどは

即時対応とは限らず、時間をずらすことが可能な事から

メッセージをよく吟味したい

リアルタイムのラリーに不慣れな人にも便利に使う事ができます。

 

また、記録に残るので

これからも無くなる事はないでしょう。

 

しかし

直接会っての対話の場合

うなずき、表情、抑揚 などの情報を沢山得られるのに対し

文字だけのコミュニケーションの場合は

使用できるチャネルが制限され、誤解が生じやすい部分が多いです。

 

チャネルが減る事で

受け取る側は、緊張感が増し

文字から、送り手の情報を最大限に解釈する傾向があります。

そうすると

意図を過剰に推測しがちで、小さなズレが大きな誤解に繋がるのです。

 

メールでは冷たい印象があったが

直接会ったら、思っていたのと違った という経験はありませんか?

 

また、ブログなどは

送り手は、反応があった特定の人を想定して情報発信をしますが

受けての解釈は多様に有り得て、

その数は、送り手の想定より遥かに多い事が一般的で

そこで

双方の世界がズレてしまいます。

 

その事をふまえて

メディアを使い分けたり

発信する側は、世界がズレていると理解した上で発信し

受けて側は、確かさ、不確かさを把握する、リテラシーを身につけるなどの

工夫をして

急速に発展したコミュニケーションツールに

パッチをあてるのが必要になってるのだと思います。

 

それでは。

 
 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

コミュニケーション、チームワークなどのご相談も随時承っております。

メルマガ&ニュースレターも配信しています

 お申し込みはコチラから

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 スピカデザイン その他公式HPご紹介 

ロボットCAD製図のHP:

図面トレース、設備図、特許図面、機械製図作成 の スピカデザイン

 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

カメラデザインのHP:

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

本セミナー、研修のHP

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■