言葉が通じない!上司と部下それぞれの事情。

ストレングスファインダー×モチベーションマネジメントで

強みを発掘して、153%活かす

個人からチームまで、強みと魅力を伝える専門家、スピカデザイン 大下です。

みなさん、こんにちは。

 

今日は、上司と部下のコミュニケーションです。

テーマの範囲が広いですね。

 

なので、今回は

『言葉』に焦点を当ててお話をします。

 

職場での人間関係は、年の離れた人たちが

毎日、家族以上の時間を共にして結果を出さなければならないという

環境です。

 

価値観も違えば、仕事観、経験則まで違います。

その為、コミュニケーションも難しくなってきます。

 

上司からすれば、仲直りのつもりで飲みに誘っても

部下からすれば仕事の延長としか捉えてもらえず

かえってギクシャクしてしまいますし、

勇気付けようとして強く言うと、かえって逆効果だったりと

いう事は多く発生するのではないでしょうか。

 

そうなんです。

今まで生きてきた環境も違えば、時代も違う そうすると

価値観や経験則が違うのも当然の事で そこで頻発するのが

『言葉が通じない』 という事なんです。

 

そこで、解決策を2つ提案します。

上司は立場上 部下を指導しないといけない という気分になっています。

そこで、何かしないと という気持ちから、過去自分が言われた言葉を

やむを得ずつなげて使ってしまう事が多く有ります。

これは、勿論相手の事を思ってやる気を出させたいという思いからです。

しかし、やる気スイッチを一発で押せる言葉なんて

誰も持ち合わせていませんよね。

さらに、何かを指摘する言葉は

誰でもすんなり受け入れられない物です。

自分の中から出すしかないので、ついついありものをつなげてしまいます。

そうすると、部下からすれば

『上司は自分本位だ』 と思われてしまいます。

良かれと思っているのに悲しいことですね。

なので、私は無理に指導するような言葉は言わず

まずは 『あいさつ』 や

『感謝を伝える言葉』 『上手く行った事を伝える言葉』

『誰かをフォローする言葉』 を心がけていました。

そして、ベクトルが良い方向へ向いた瞬間に

軽く背中を押す、『勇気を与える言葉』を言うようにしていました。

 

また、もう一方では

受け取る側の工夫があると、もっと言葉は伝わりやすくなります。

それが、もう1つの提案です。

フォロワーは、上に書いた上司の都合を理解し

『本当は違う事を言おうとしたんだけど上手く言えなかったんだな』 と解釈

できるとなお良いチームへと発展するものと思います。

 

対話が上手くできる関係性が築けると良いですね。

それでは

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

コミュニケーション、チームワークなどのご相談も随時承っております。

ココには書けない内容や、セミナーご案内のニュースレターも配信しています

お申し込みはコチラから

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

スピカデザイン その他公式HPご紹介

ロボットCAD製図のHP:

図面トレース、設備図、特許図面、機械製図作成 の スピカデザイン

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

カメラデザインのHP:

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

本個人から、お店、会社の強みを引き出す コンサルタント事業HP

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ミスを隠す部下の作り方

ストレングスファインダー×モチベーションマネジメントで

強みを発掘して、153%活かす

個人からチームまで、強みと魅力を伝える専門家、スピカデザイン 大下です。

みなさん、こんにちは。

 

今日は、『ミスを隠す部下の作り方』をお教えします。

手順的には、『ミスを隠さない部下の作り方』のコツを紹介しますので

その逆をやる事をやると、ミスを隠すようになると考えてください^^

 

私の実体験から

◆自分や同僚がミスを隠そうとした 時

◆また、隠した時

◇部下がミスを報告してくれた時

などを元にまとめたものです。

 

私は、技術開発の経験がありますが

開発の現場では、トライ&エラーの連続です。

また、中小企業でしたので

複数の案件を同時に開発しながら

お客様問合せの対応、他部署との情報の交換

製造現場との問題解決、販促物のデザインなど

1人でいくつもの業務を同時に担当しなければなりませんでした。

 

そうなると、当然ミスは起こるものです。

が、それを隠していたら大変な事になってしまいます。

 

そして、今回の話のツボは、ここからです。

私が責任者をしていた頃

『部下がミスを隠さないようにする』には次のような工夫をしていました。

 

ミスの大小に関らず

発生した際には、その情報を共有してミーティングをしていました。

 

そこで私はいつも

『ミスはした人は辛いし、報告も辛い』

『でも、これから入ってくる後輩に同じ辛さを味合わせない為に』

『システムを改善する為の お役目を授かったと思ってくれ。』

『それが出来るのは君だけなんだ』 と言う事を伝え

 

『次は自分も起こしてしまう可能性があるシステムの中にいる』

『誰が悪い』ではなく『何が悪い』という観点で

『当事者をガミガミ責め立てない』というスタンスを見せて

改善する策を話し合っていました。

 

『誰が悪い』 ではなく 『何が悪い』 に軸足を置いていると

示すチャンスなんですよね。

 

その考えが浸透してくると、ミスが起こるよりも前に

相談もしてくれるようになります。

 

小さなミスでも見つける度に本人の責任にして

ガミガミ叱り付けたら、そりゃ隠そうとしますよね。

 

また、それが習慣化すると

『叱られキャラ』が定着して、本人も辛いのにそこから

抜け出せなくなるという現象も起こってしまうんです。

 

しかし、もう1つコツなんですが

ミスにも種類があるという事なんです。

 

その違いはマインドスタンスです。

最初に書いた方法は、あくまでも良い成果を得ようとして頑張って

発生したミスなんです。

そこは責めてもどうにもなりませんが、

 

『相手の事を考えない』というスタンスが見えた場合

『いい加減にやろう』というスタンスが見えた場合は

別のアプローチで、目標の設置や伝える方法などから

本人の目標とつなげるなどの指導方法が必要になると思います。

 

部下がミスを隠すのは

先輩や責任者の影響かもしれません。

あなたは大丈夫ですか?

 

それでは

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

コミュニケーション、チームワークなどのご相談も随時承っております。

ココには書けない内容や、セミナーご案内のニュースレターも配信しています

お申し込みはコチラから

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

スピカデザイン その他公式HPご紹介

ロボットCAD製図のHP:

図面トレース、設備図、特許図面、機械製図作成 の スピカデザイン

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

カメラデザインのHP:

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

本個人から、お店、会社の強みを引き出す コンサルタント事業HP

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

あなたのチームは大丈夫!?黒い羊にご用心!!

ストレングスファインダー×モチベーションマネジメントで

強みを発掘して、153%活かす

強みと魅力を伝える専門家、スピカデザイン 大下です。

みなさん、こんにちは。

 

今回は、一見 上手く行っていると思っているチームでも

大きな落とし穴があるという怖いお話です。

また、周囲にもこのような組織は存在しますし

パワハラの原因の1つとも考えています。

また私は以前、このような組織に属していたことがあります。

そこも例外ではなく、黒い羊効果が出ていました。

 

みなさん

黒い羊効果(Black Sheep effect)ってご存知ですか?

 

白い羊の集団に黒い羊が混ざると

馴染めない黒い羊は、他の羊にいじめられ排除されてしまう

という現象の事を言います。

 

しかし

本当に怖いのは、この発生のメカニズムなんです。

 

黒い羊を排除しようとする集団は

他と比べても給料が良いなど、良い待遇の組織に多いという話もあります。

 

人間は、組織の中にいると、その組織にアイデンティティを求めるものです。

例えば、○○会社の大下です。 などです。

しかし、そこで満足のいくアイデンティティを引き出せないと

他の集団を差別する事で満足を得ようとする事があります。

 

そうすると、内部びいきが強くなり

実際とはかけ離れた優位性を感じ始めるとも言われています。

 

そうなると、人はその集団の優位性を保とうとし

内部にいる異質なものは、自分の集団の足を引っ張る存在として考え

排除する動きになる

と、いうのが 黒い羊効果 なんです。

 

他の集団を悪く言うことで、自分の集団の優位性を保ち

内部びいきが加速すると、黒い羊効果が表れるという流れです。

 

では、どうすれば防げるのか

やはり、

大きな目的を達成する為に

対立する集団が存在するという意味を受け入れ

自分の集団だけはなく、他の集団の良い部分を知り

その集団に属している意味を大きく捉えることのような気がします。

 

皆さんの、チームは大丈夫ですか?

それでは

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

コミュニケーション、チームワークなどのご相談も随時承っております。

ココには書けない内容や、セミナーご案内のニュースレターも配信しています

お申し込みはコチラから

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

スピカデザイン その他公式HPご紹介

ロボットCAD製図のHP:

図面トレース、設備図、特許図面、機械製図作成 の スピカデザイン

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

カメラデザインのHP:

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

本個人から、お店、会社の強みを引き出す コンサルタント事業HP

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

モチベーションダウン!あなたのその褒め方。本当に大丈夫ですか?

ストレングスファインダー×モチベーションマネジメントで

強みを発掘して、153%活かす

強みと魅力を伝える専門家、スピカデザイン 大下です。

みなさん、こんにちは。

 

人の強みを活かそうと叫ばれ始めた昨今

褒め方講座 なるものも多く目にするようになりました。

 

スピカデザインでも 褒め方、叱り方のプログラムを用意しています。

そこで必ず話す事なんですが、

褒めるには、意外な落とし穴がるんです。

 

褒め方が上手くなって、みんなが気持ちい仕事が出来たら嬉しいですよね。

しかしそ、やりかた次第では逆効果になってしまうんです。

 

褒める方も様々ですし、褒められる方も様々です。

さらに、プロジェクトの進行などから時間的なタイミングまで影響してきます。

その2軸を意識して、内容を考えて褒めないと

モチベーションを下げてしまいます。

 

1つ、大きな落とし穴をご紹介します。

プロジェクト遂行にあたって、内発的モチベーションで頑張る部下Aくん。

自分の内側から湧き出る力で頑張っていて、達成目前です。

 

そこに、上司が登場します。

日々頑張っているAくんに 素直に関心し、励ましの言葉をかけたいと思い

その場で Aくんに話しかけます。

上司 『Aくん、いつも頑張ってるね!その調子で頑張れば給料があがるぞ。』

 

この言葉を聞いて、Aくんも嬉しく思いましたが

どこと無く気持ち悪さが残りました。

 

どうでしょう。

この後の、Aくんの気持ちの変化が予測できますか?

 

そうです。

このあと、Aくんはプロジェクトをやり遂げますが

少しスッキリとしない気分なんです。

 

それは、

報酬目当てではなく、使命感を持って内側から出てきたモチベーションを

上司からの報酬を目当てとするものに置き換えられてしまったのです。

つまり、内発的 → 外発的 になってしまったのです。

 

それと、もう1つ問題があります。

それは、タイミングの問題です。

目標達成の目前で報酬の話をした事でも

外発的なモチベーションへの以降を助長してしまいました。

 

褒めてもらっても

『そういう事で頑張ってるんじゃないんだよ。』

と思って嫌な気分になり、モチベーションが下がる事ってありませんか?

そのパターンと同じなんです。

 

この場合は

目標達成が間近なら、達成のタイミング。

または、細分化した目標を設定し、そこを達成した時に

結果だけではなく、努力を含むプロセスを褒める という事が大切だったんです。

 

また、

人によって成功パターンが違ってきますので

それをストレングスファインダーで発見し、タイミングや内容を合わせるという

のも良い方法なのかと思います。

 

それでは

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

コミュニケーション、チームワークなどのご相談も随時承っております。

ココには書けない内容や、セミナーご案内のニュースレターも配信しています

お申し込みはコチラから

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

スピカデザイン その他公式HPご紹介

ロボットCAD製図のHP:

図面トレース、設備図、特許図面、機械製図作成 の スピカデザイン

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

カメラデザインのHP:

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

本個人から、お店、会社の強みを引き出す コンサルタント事業HP

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

やっぱり雑談力でしょ。

ストレングスファインダー×モチベーションマネジメントで

強みを発掘して、153%活かす

強みと魅力を伝える専門家、スピカデザイン 大下です。

みなさん、こんにちは。

 

今日は、雑談力についてです。
私が以前の職場でチームの責任者をしていた頃

【雑談】を積極的にしていました。
もちろんそれは

論理的に頭を使わないといけない場面や

集中する作業の時にはしませんし、

真剣に作業をしている人の前ではガヤガヤしません^^
というか
そういう作業の時には、皆が知らず知らずのうちに

自然と集中して作業をしていました。
そういう時、人間の集中力は平均して同じくらいしかもたないのか

みんな同時に一息つく瞬間が来たりするんですね。
そういう時や、朝 出勤してから朝礼までの間に【雑談】をしていました。
内容は【雑談】なので、取り留めの無い事。
しかし、この何気ない会話が相手の心を理解し

自分を発見しチームの絆を深めるものだと確信しています。
私がいたチームの前の責任者は【雑談一切禁止】でした。

少しでも話したり笑ったりすると時には罵倒される事も。

 

そして、チームは

他人への無関心、または嫉妬など 決していい方向には向きませんでした。

そこで思ったんです。

【やっぱり、そこは雑談力でしょ!】って^^

チームの責任者の雰囲気は

そのままチームの雰囲気になります。

また、不必要な緊張感を作らなずに済みます。

また、ここで雑談力が上がると

会議のブレストなどで、半分仕事、半分雑談のような

自由な発想をするトレーニングにもなります。
どうぞ、一度お試しあれ。

 

それでは

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

コミュニケーション、チームワークなどのご相談も随時承っております。

ココには書けない内容や、セミナーご案内のニュースレターも配信しています

お申し込みはコチラから

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

スピカデザイン その他公式HPご紹介

ロボットCAD製図のHP:

図面トレース、設備図、特許図面、機械製図作成 の スピカデザイン

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

カメラデザインのHP:

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

本個人から、お店、会社の強みを引き出す コンサルタント事業HP

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

自分で一番のお気に入りのストレングス【個別化】

ストレングスファインダー×モチベーションマネジメントで

強みを発掘して、153%活かす

強みと魅力を伝える専門家、スピカデザイン 大下です。

みなさん、こんにちは。

 

今日は、自分で一番のお気に入りのストレングスのご紹介です。

それは

『個別化』

 

その資質により、1人ひとりのユニークな個性に興味を惹かれます。

一人一人の違いに注目します。

そして、その人にしかない人生の物語を理解します。

完璧なチームを作るにあたっては

各自が得意なことを十分にできるような強みに基づいた配役が

必要だと知っている。

 

大まかにこのような感じです。

 

この結果を聞いた時に

今自分の目指しているものが間違えていないんだと実感し

とても嬉しい気分になりました。

 

私は皆で食事に行っても

皆が何を頼むか見ていたりします。

それは、個性が気になるからなんです。

 

また、ニュースなどで

誰か1人のせいにして解決しようとするものを見ると

その人の背景や、その人にしか分らないものを

もっと聞くべきだと思ってソワソワしますし

また

世代などの大きなククリだけで類型化して

この人は、○○世代だからダメ だというような事を聞くと

それもまた、同じようにソワソワします。

 

いい組織を作るには、それぞれの得意な部分を十分に生かせる

状態になるべきだと思うのもきっとこの『個別化』のおかげだったのでしょう。

 

実は私はひとの愚痴を聞くのが上手いと思うんです。

そして、あんまり苦ではないんです。

なぜなら、愚痴って向上心の現れですし

その人にしかないストーリーを見る一番のきっかけですもんね。

 

きっとこれも『個別化』の成し得る力なのかもしれません。

 

それでは

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

コミュニケーション、チームワークなどのご相談も随時承っております。

ココには書けない内容や、セミナーご案内のニュースレターも配信しています

お申し込みはコチラから

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

スピカデザイン その他公式HPご紹介

ロボットCAD製図のHP:

図面トレース、設備図、特許図面、機械製図作成 の スピカデザイン

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

カメラデザインのHP:

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

本個人から、お店、会社の強みを引き出す コンサルタント事業HP

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

簡単!モチベーションを長続きさせる方法。

ストレングスファインダー×モチベーションマネジメントで

強みを発掘して、153%活かす

強みと魅力を伝える専門家、スピカデザイン 大下です。

みなさん、こんにちは。

 

人が行動を起こそうとする時(モチベーションが上がる時)
大きく分けて2種類のパターンがあります。

1つが、    これはマズイと思って回避しようとする行動
もう1つが、  目標に近付こうと達成をしようとする行動

2つとも、人のモチベーションを高め行動へと駆り立てますが

長い目で見た時に、その性質は異なるので注意が必要です。

前者は、いわゆる 回避欲求です。
目前に迫った危機を乗り切るために行動します。

これは達成された瞬間にモチベーションがガタ落ちになる事があります。

一方、後者は
大きな目的に対し、目標を細かい段階で設定したり
達成しても次の目標が見えてきたりと、そのモチベーションは
勢いを増すことがあります。

キッカケは前者の内容でも
受け取り方、チームの鼓舞の仕方など
後者に持っていく事が長続きするモチベーションのコツの1つです。

 

それでは

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

コミュニケーション、チームワークなどのご相談も随時承っております。

ココには書けない内容や、セミナーご案内のニュースレターも配信しています

お申し込みはコチラから

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

スピカデザイン その他公式HPご紹介

ロボットCAD製図のHP:

図面トレース、設備図、特許図面、機械製図作成 の スピカデザイン

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

カメラデザインのHP:

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

本個人から、お店、会社の強みを引き出す コンサルタント事業HP

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

自分の『未来志向』に気付いて気持ちが楽になりました。

ストレングスファインダー×モチベーションマネジメントで

強みを発掘して、153%活かす

強みと魅力を伝える専門家、スピカデザイン 大下です。

みなさん、こんにちは。

 

今日も、私自身の体験談からお話をいたします。

私のストレングスの1つに『未来志向』というものがあります。

最近、ニュースなどでも

安倍総理大臣が言っていましたね。『未来志向』

 

その『未来志向』も、私のストレングスの1つでした。

 

ストレングスファインダー試験の結果は

『本人にとってみれば当然の事』というケースが多いものです。

 

また、

『それが強みだったとは知らなかった』という場合もあります。

 

そして両方に共通することは

それを強みとして受け入れるという事が大事なのです。

 

私の『未来志向』は

『なんとなく気付いていたが、それが強みとは思って居なかった』

というものでした。

 

未来志向は、

もしこうだったら、どんなに素晴らしい事だろう と未来に思いをはせ

細かいところまで見えたりします。

より良いチーム、より良い世界 を目指すことが原動力となり

自分を鼓舞します。

また、周囲はこの人の語る未来を聞いて視野を広げたいと思っています。

 

大まかには このような内容です。

 

これを聞いて、ある事に気が付き

目が覚めるような思いをしました。

 

それは、以前から

より良いチームを作りたい

人の良いところを活かせない組織を助け

人々がイキイキとできる世界をつくりたい と思って活動していましたが

その内容は

自分の過去の辛い体験などを話して

重要性を伝えるというものでした。

 

それは自分自身辛いうえに、解決に結びつきにくいのではないかと

苦しんでいました。

 

そのとき自分の『未来志向』というストレングスに気が付きました。

 

こんなだったら素晴らしい という思いは想像するだけでもワクワクします。

これはストレングスが活かせれているんですね。

なので、この部分を活かして

『良いところを活かす、楽しくやる方法を、ワクワクする方法を探す』という

内容をおすすめする方が、自分自身にとっても

効果を表すにも近道なんだなと気づきました。

 

過去の分析や、辛い話しをして解決する方法は

私には合っていなかったんですね。

どうりで辛いわけですw

 

そして

自分の語る未来は周囲を魅了し、聞きたがっている と実感し始め

そして、それは誰しもが出来る事ではないんだと気づき

そちらに目を向けるようにしたんです。

 

このように

ストレングスファインダー×モチベーションマネジメントは

自分を変える必要は無いんです。

 

気付くだけで

『あっ、やっていいんだ』 という単純な思いがワクワクを育てて

いい方向に進める気がします。

 

気になる方は、ご相談ください。

 

それでは

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

コミュニケーション、チームワークなどのご相談も随時承っております。

ココには書けない内容や、セミナーご案内のニュースレターも配信しています

お申し込みはコチラから

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

スピカデザイン その他公式HPご紹介

ロボットCAD製図のHP:

図面トレース、設備図、特許図面、機械製図作成 の スピカデザイン

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

カメラデザインのHP:

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

本個人から、お店、会社の強みを引き出す コンサルタント事業HP

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

私のストレングスの1つ『ポジティブ』がそう囁くんです。

ストレングスファインダー×モチベーションマネジメントで

強みを発掘して、153%活かす

強みと魅力を伝える専門家、スピカデザイン 大下です。

みなさん、こんにちは。

 

私のストレングスの1つに

『ポジティブ』があります。

 

このポジティブは

『なんか面白そう』をキーワードに物事を進める という特徴を持っています。

また、常に笑顔で人に話しかけ、困っている人を励ましたくて仕方ありません。

プロジェクトに情熱を吹き込むのが得意で

その熱意は伝染し、そばに居たいと思わせる力を持っています。

 

この診断を聞いて

とても救われる気持ちになりました。

 

『面白そう』を基準に行動していい結果が出ても

自分の好きな方法をとるのは、自分のエゴではないかという

不安があったからです。

 

しかし、違ったんですね^^

思い返して見れば

技術開発部の責任者をしてた頃にも

自分を駆り立てるものは『何か面白そう』という思いでしたし

その熱意をチームに伝え、明るい方向に持っていく事に喜びを感じ

いい結果も必ずこの方法で出していました。

そして、その方法は誰にでも出来るものではなく

この『ポジティブ』の特徴だったのです。

 

そして、

面白そう!で行動してもいいんだ。

人を励ましていいんだ。

プロジェクトに熱意を吹き込んでいいんだ。

と分るようになり

ワクワクした気持ちになりました。

 

ストレングスファインダーでは

全部で34個ある強みの中から上位5個が結果として出ます。

 

きっと、全てがあなたの心がワクワクで満たさせる事になるでしょう。

そして、スピカデザインならではの総合評価と

モチベーションマネジメントで活かし方のアドバイスをします。

実は、これを書いている時にも

私の頭の中はビリビリするくらい活性化しています(笑

 

ご興味ある方は是非ごれんらくを^^

 

それでは

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

コミュニケーション、チームワークなどのご相談も随時承っております。

ココには書けない内容や、セミナーご案内のニュースレターも配信しています

お申し込みはコチラから

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

スピカデザイン その他公式HPご紹介

ロボットCAD製図のHP:

図面トレース、設備図、特許図面、機械製図作成 の スピカデザイン

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

カメラデザインのHP:

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

本個人から、お店、会社の強みを引き出す コンサルタント事業HP

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

仕事、進路、仲間で悩んでる方。心がスッキリしますよ。

ストレングスファインダー×モチベーションマネジメントで

強みを発掘して、153%活かす

強みと魅力を伝える専門家、スピカデザイン 大下です。

みなさん、こんにちは。

 

ストレングスファインダーとモチベーションマネジメントを使った

アドバイスを体験された方は

『スッキリした』と仰ってくださる方が多くいらっしゃいます。

 

私自身もそうでしたが

テストを受けて、それを元に活かす方法を話し合うと

とても心が清々しくなるんです。

 

診断結果は自分の大切にしてきた部分を肯定してくれる または

許してくれて、才能として提示してくれる事が多いからです。

 

また、今まで上手くいった事の殆どが

そのストレングスを使って解決してきたと気付くことができます。

 

中には

結果を見るのが怖いという方もいらっしゃいますが

怖い結果は出ませんし、ワクワクと笑顔溢れるアドバイスの時間になります。

自分の力を言葉という限られたものに表されるのは怖いというのも分る気がしますが

試験の結果は あなたの全てを表す訳ではなく

物事を解決するのに、他の誰にも真似できない

貴方だけの方法がある というのを提示するだけんです。

 

また、

何度やっても上手く行かないものの

原因をつかむ事もあります。

 

実は私がそのパターンでした。

不得意な部分を無理に使うより

得意な部分をいかに使って、楽しんで乗り切れるお手伝いをいたします。

 

ご興味がある方はご連絡を是非^^

それでは

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

コミュニケーション、チームワークなどのご相談も随時承っております。

ココには書けない内容や、セミナーご案内のニュースレターも配信しています

お申し込みはコチラから

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

スピカデザイン その他公式HPご紹介

ロボットCAD製図のHP:

図面トレース、設備図、特許図面、機械製図作成 の スピカデザイン

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

カメラデザインのHP:

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

本個人から、お店、会社の強みを引き出す コンサルタント事業HP

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■