『叱る』 と 『怒る』は違うと理解しましょう。

強みを発掘し150%活かす

生産効率の上がるチームデザインの専門家

スピカデザイン 大下です。

 

みなさん、こんにちは^^

今回は
パワハラと言われない上手な叱り方 の ワンポイントです。

 

 

まず、『叱る』 と 『怒る』 は違うと理解しましょう

という内容です。

 

この内容は、あちらこちらで書かれていますね。

 

でも、なかなか浸透しなかったり

実践できないでいる方が多いのではないでしょうか。

 

立場が下の人に何かを指導したが

なかなか出来ない。

 

また、本当にやる気があるのかすら怪しく見えてくる。

 

そう思えてくると、ついつい厳しく『怒って』しまいますよね。

 

また、

 

自分がそういう指導をされてきてるので

そうするのが正しい

 

とか

 

更に上の上司の目が気になって、ついつい

『怒って』しまう。

 

でも、どうでしょう。

 

その結果、部下や仲間がうまく育った事ってありますか?

 

私は上手くいった経験がありません。

 

こういう場合大抵の人は
『君の為だ』という言いますが
本当にそうでしょうか。

 

 

『怒る』は自分本位で感情的になる事を言います。

そこには『馬鹿にされた』などという自尊心が先にきて

その後にくる二次的な感情なんです。

 

言われた方は、それを敏感に察します。

 

そうすると、言われた事は渋々やりますが

その他の『成功』を学ぶことはできないんです。

 

では『叱る』をするにはどうしたら良いでしょうか。

 

まずは感情的にならない事です。

先に言いましたが、『怒る』は自分本位での二次的感情です。

 

『叱る』は、相手の成長を促すための行動です。

 

つまり『怒る』という感情の発生には段階があるのです。

何か問題が起きて、部下や仲間に指導する際

一呼吸置いて、自分本位で考えてやしないか

ちょっと考えてから、相手の意見を聞くつもりで話しかけるのが

私の実践して、良い結果が出た方法です。

 

お困りの方がいたら、ぜひお試しください。

 

 

それでは。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

コミュニケーション、チームワークなどのご相談も随時承っております。

ココには書けない内容や、セミナーご案内のニュースレターも配信しています

お申し込みはコチラから

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

スピカデザイン その他公式HPご紹介

ロボットCAD製図のHP:

図面トレース、設備図、特許図面、機械製図作成 の スピカデザイン ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

カメラデザインのHP:
 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 本セミナー、研修のHP

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

別室に呼び出すのはパワハラ?

強みを発掘し150%活かす、生産効率の上がるチームデザインの専門家

スピカデザイン 大下です。

みなさん、こんばんは^^

 

私は、【パワハラにならない叱り方】というテーマの
セミナーも開催していますが、この事を言うと

『別室に呼び出したらパワハラですか?』と質問される事が
多々あります。

が、この場合の答えは
『状況による』なんです。

はっきりしない答えをしてスミマセン。

でも、それにはちゃんとした理由があるんです。

 

内容によっては周囲に聞かれてはいけない内容があるのも当然です。

また、わざわざ別室に呼び出すとプレッシャーになるという事もあります。

つまり
ここで言いたいのは

『物事には必ず理由がある』という事を理解し
『別室に呼び出す』前にやるべき事を考えましょう。
という事なんです。

こうしたら、こうすると言うような
心の無いテクニックだけ学んでもダメだという事なんです。

心の無いテクニックは、ある意味相手を手玉に取ろうとするというか
悪い言い方をすると、相手を騙そうとする事に思えてなりません。

自分の行動がパワハラにならないか不安な方
まずは、【前後左右の確認】【相手との距離感を縮める】
事から始めたらいかがでしょうか。