ストレングスファインダー×モチベーションマネジメントで

強みを発掘して、153%活かす

個人からチームまで、強みと魅力を伝える専門家、スピカデザイン 大下です。

みなさん、こんにちは。

 

今日は、上司と部下のコミュニケーションです。

テーマの範囲が広いですね。

 

なので、今回は

『言葉』に焦点を当ててお話をします。

 

職場での人間関係は、年の離れた人たちが

毎日、家族以上の時間を共にして結果を出さなければならないという

環境です。

 

価値観も違えば、仕事観、経験則まで違います。

その為、コミュニケーションも難しくなってきます。

 

上司からすれば、仲直りのつもりで飲みに誘っても

部下からすれば仕事の延長としか捉えてもらえず

かえってギクシャクしてしまいますし、

勇気付けようとして強く言うと、かえって逆効果だったりと

いう事は多く発生するのではないでしょうか。

 

そうなんです。

今まで生きてきた環境も違えば、時代も違う そうすると

価値観や経験則が違うのも当然の事で そこで頻発するのが

『言葉が通じない』 という事なんです。

 

そこで、解決策を2つ提案します。

上司は立場上 部下を指導しないといけない という気分になっています。

そこで、何かしないと という気持ちから、過去自分が言われた言葉を

やむを得ずつなげて使ってしまう事が多く有ります。

これは、勿論相手の事を思ってやる気を出させたいという思いからです。

しかし、やる気スイッチを一発で押せる言葉なんて

誰も持ち合わせていませんよね。

さらに、何かを指摘する言葉は

誰でもすんなり受け入れられない物です。

自分の中から出すしかないので、ついついありものをつなげてしまいます。

そうすると、部下からすれば

『上司は自分本位だ』 と思われてしまいます。

良かれと思っているのに悲しいことですね。

なので、私は無理に指導するような言葉は言わず

まずは 『あいさつ』 や

『感謝を伝える言葉』 『上手く行った事を伝える言葉』

『誰かをフォローする言葉』 を心がけていました。

そして、ベクトルが良い方向へ向いた瞬間に

軽く背中を押す、『勇気を与える言葉』を言うようにしていました。

 

また、もう一方では

受け取る側の工夫があると、もっと言葉は伝わりやすくなります。

それが、もう1つの提案です。

フォロワーは、上に書いた上司の都合を理解し

『本当は違う事を言おうとしたんだけど上手く言えなかったんだな』 と解釈

できるとなお良いチームへと発展するものと思います。

 

対話が上手くできる関係性が築けると良いですね。

それでは

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

コミュニケーション、チームワークなどのご相談も随時承っております。

ココには書けない内容や、セミナーご案内のニュースレターも配信しています

お申し込みはコチラから

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

スピカデザイン その他公式HPご紹介

ロボットCAD製図のHP:

図面トレース、設備図、特許図面、機械製図作成 の スピカデザイン

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

カメラデザインのHP:

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

本個人から、お店、会社の強みを引き出す コンサルタント事業HP

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■