ストレングスファインダー×モチベーションマネジメントで

強みを発掘して、153%活かす

強みと魅力を伝える専門家、スピカデザイン 大下です。

みなさん、こんにちは。

 

人の強みを活かそうと叫ばれ始めた昨今

褒め方講座 なるものも多く目にするようになりました。

 

スピカデザインでも 褒め方、叱り方のプログラムを用意しています。

そこで必ず話す事なんですが、

褒めるには、意外な落とし穴がるんです。

 

褒め方が上手くなって、みんなが気持ちい仕事が出来たら嬉しいですよね。

しかしそ、やりかた次第では逆効果になってしまうんです。

 

褒める方も様々ですし、褒められる方も様々です。

さらに、プロジェクトの進行などから時間的なタイミングまで影響してきます。

その2軸を意識して、内容を考えて褒めないと

モチベーションを下げてしまいます。

 

1つ、大きな落とし穴をご紹介します。

プロジェクト遂行にあたって、内発的モチベーションで頑張る部下Aくん。

自分の内側から湧き出る力で頑張っていて、達成目前です。

 

そこに、上司が登場します。

日々頑張っているAくんに 素直に関心し、励ましの言葉をかけたいと思い

その場で Aくんに話しかけます。

上司 『Aくん、いつも頑張ってるね!その調子で頑張れば給料があがるぞ。』

 

この言葉を聞いて、Aくんも嬉しく思いましたが

どこと無く気持ち悪さが残りました。

 

どうでしょう。

この後の、Aくんの気持ちの変化が予測できますか?

 

そうです。

このあと、Aくんはプロジェクトをやり遂げますが

少しスッキリとしない気分なんです。

 

それは、

報酬目当てではなく、使命感を持って内側から出てきたモチベーションを

上司からの報酬を目当てとするものに置き換えられてしまったのです。

つまり、内発的 → 外発的 になってしまったのです。

 

それと、もう1つ問題があります。

それは、タイミングの問題です。

目標達成の目前で報酬の話をした事でも

外発的なモチベーションへの以降を助長してしまいました。

 

褒めてもらっても

『そういう事で頑張ってるんじゃないんだよ。』

と思って嫌な気分になり、モチベーションが下がる事ってありませんか?

そのパターンと同じなんです。

 

この場合は

目標達成が間近なら、達成のタイミング。

または、細分化した目標を設定し、そこを達成した時に

結果だけではなく、努力を含むプロセスを褒める という事が大切だったんです。

 

また、

人によって成功パターンが違ってきますので

それをストレングスファインダーで発見し、タイミングや内容を合わせるという

のも良い方法なのかと思います。

 

それでは

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

コミュニケーション、チームワークなどのご相談も随時承っております。

ココには書けない内容や、セミナーご案内のニュースレターも配信しています

お申し込みはコチラから

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

スピカデザイン その他公式HPご紹介

ロボットCAD製図のHP:

図面トレース、設備図、特許図面、機械製図作成 の スピカデザイン

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

カメラデザインのHP:

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

本個人から、お店、会社の強みを引き出す コンサルタント事業HP

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■