こんにちは
カウンセリングや研修でモチベーションなどのココロのデザインする
スピカデザイン 大下修央 です。
みなさんの職場で 報・連・相 は出来ていますか?
なかなか、『はい』と言える人は少ないのではないでしょうか。
報・連・相 は
報告
連絡
相談
をしていくことで社内コミュニケーションがとれるように
なるのでとっても良さそうですよね。
というより、上司から部下に教育する部分で
ここに力を入れることが多いのではないでしょうか。
でもどうでしょう。
皆さん、報・連・相 っていくら言ってもうまく行かないですよね。
いつまでたっても、報・連・相が出来ない部下って居ますよね・・・。
何ででしょう。悩ましいですね。
でも
もしかすると それ
上司や会社の 報・連・相 の捉え方が間違っているかも知れません。
報・連・相 は そもそも
社内のコミュニケーションを円滑にするべく
報・連・相がしやすい環境を 『上司が』作る という運動だったと言われています。
つまり
部下の 報・連・相 が出来ていない
と言っている時点で、そもそもの捉え方を間違えているということです。
もともと、部下の目標ではなく
上司の目標だと思います。
一番最初にこの運動が行われたところでは
効果てきめんだったと言われています。
でも現在、なかなか上手く行かないのは
やり方が違うからなのかも知れませんね。
それでは。
わたしいろデザイン事業部
ストーリーを伝える『わたしいろ名刺』
ココロ×デザイン事業部
CAD製図